あの日から

この記事の所要時間: 048

豊島さんの記録を公開するにあたって

 震災から6年、「復興」と言っていいのかどうかわからないが、それぞれの人の時間を経過しながら、今があり、それなりの「日常」を営んでいるように見える。そんな中でボランティアに行くことの意味を問いつつ、いつの間にか回を重ねてしまった。豊島さんや牧浜地区の方々にはご迷惑をおかけすることもあったと思うが、どんな時でも大歓迎をしてくれた。震災が無ければ、おそらく出会うはずもなかった漁師の豊島さんとの交流も、豊島さんには失礼かもしれないが、今ではすっかり昔からの飲み友達のようになってしまった。
自分にとって「原点」となった震災を、豊島さんの記録をもとにふり返ってみたい。

東日本大震災からから6年2