除雪ボランティア

page

◆宮城県涌谷町中学生がんばる!

2月4日土曜日、大石田町と友好交流協定を結んでいる宮城県涌谷町の中学生が大石田町で除雪ボランティアをしてくれました。おそらく涌谷町では見たこともないとんでもない雪の山に驚いたことでしょう。彼らはその巨大な雪の山にひるむことなく、むしろ嬉々として果敢に雪に挑んでゆきました。除雪してもらったおうちの方から喜ばれ、とても気持ちの良い汗を流したようです。雪を楽しむ皆さんの姿は、大石田で雪に負けそうな僕たちの心に暖かい風を送ってくれました。

◆スノーバスターズがんばる!

地元大石田のおじさんとおばさんが老体に鞭打って除雪に取り組んでいます。というとお叱りを受けますが、平均年齢は少々高く、志も高く心意気も血圧も高くがんばっています。約20名の隊員が仕事の合間を見つけては町内の除雪に取り組んでいます。気持ちのいい仲間が集まり、気持ちのいい汗を流しています。もちろん春になったら気持ちよく盃をかわします。

◆大石田中学校野球部がんばる!

  1月21日土曜日、大石田町立大石田中学校の野球部の皆さんが除雪ボランティアをしてくれました。この日は2軒のお宅を訪問し、軒下の雪などを除雪してくれました。
さすがは野球部です。軒下の固くしまった雪をパワフルに手際よく片付けてくれました。連係プレイもしっかり、あいさつもしっかり、いっしょに活動したスノーバスターズのメンバーも気持ちのいい汗を流しました。大石田中学校野球部のみなさんありがとう。

◆大学生ボランティア がんばる!

 2月9日木曜日、東北学院大学、関東学院大学、山形大学の大学生の皆さんが大石田町駒籠地区に来てくれました。 これまでは個人宅の除雪ボランティア活動が主でしたが、今回は集落の抱える課題に取り組んでくれました。駒籠集落の中央を通る県道には空家の屋根から落ちる雪など、処理しきれない雪が道路側にはみ出して見通しが悪くなり、通行の障害となっていました。作業開始当初は正直言って、これはちょっと作業のスケールが大きすぎて無理かな、と思ったのですが見事に成し遂げてくれました。さすがです。ありがとうございました。ところで「ひっぱりうどん」はいかがでしたか?またきてくださいね。