山形大学の除雪ボランティア報告

この記事の所要時間: 022

平成31年1月26日(土)に大石田町駒籠地区で山形大学の学生32名が除雪ボランティア活動に取り組みました。

 ボランティア活動で駒籠地区に訪れたのは、山形大学COC+推進室コーディネータの東山禎夫教授率いる32名の学生たちです。「雪国から考える」というテーマのもとに、除雪活動にとどまらず駒籠地区の役員の方々や老人クラブの方々と「ひっぱりうどん」を食べながら交流しました。